ぎっくり腰・腰痛・首の痛み・関節痛・ケガ・肩こり・頭痛・腱鞘炎・スポーツ障害・交通事故治療のことなら、練馬区・江古田の手塚接骨院にお任せください。

〒176-0004 東京都練馬区小竹町1-52-2

受付時間:9:00~12:00、15:00~20:00(土曜は17時まで)
※水曜日はAMのみ(午後は保険外予約診療)(日曜、祝日は休診)

各種保険取扱い

交通事故(自賠責)・労災指定

ご予約・お問合せはこちらから

03-5926-7699

急な肩の痛み・石灰沈着性腱板炎

急な肩の痛み、激痛「石灰沈着性腱板炎」

突然の肩関節の痛みは、「痛みの治療に特化」した当院におまかせください

ある日突然、肩に激痛が生じて安静にしていても痛みが治まらない肩関節特有の疾患があります。それが「石灰沈着性腱板炎」と呼ばれるとても痛みの強い肩の疾患です。

当院では、急激な炎症の発症で激しい痛みが肩関節に起きてしまう「石灰沈着性腱板炎」に特化した肩関節の治療をおこなっております。

現在に至るまで、多くの臨床実績と治癒された患者さまからの高い評価をいただいております。

急な肩関節の痛みでお悩みの方は、当院まで是非ご相談ください。
03-5926-7699(各種保険取扱い)

石灰沈着性腱板炎の病態

何も思い当たる原因がなく、突然肩関節から腕にかけて激痛がはしり肩を動かすことができなくなる急性型の肩関節疾患です。

石灰沈着性腱板炎は腱板の中にカルシウム塩(石灰)が沈着し、強い炎症を起こす疾患で、症状は肩関節の激痛や安静痛、腫脹、熱感、強い夜間痛、運動障害が主で、しばしば五十肩と誤診されることがあります。

男性より、やや女性に多く40~50歳代に好発します。
当院で治療を受けられた患者さまの中には、原因がなく突然発症した方だけでなく、ごく軽微な肩の捻挫がきっかけとなり発症した方など様々です。

 

急な激痛!そんな時に自分でできる対処法は?

突然発症した肩の激痛、日曜日など病院がお休みの日に発症してしまったら本当につらいですね。
このような時に自宅でできる痛みの対処法をご説明いたします。

①【アイシング】
突然の激痛の多くは炎症が原因です。炎症はアイシング(冷却)によって緩和することができます。

氷嚢などアイシング用具があれば、それを肩全体に当てて15分ほど冷やします。注意したいことは20分以上当ててしまうと凍傷を起こす場合がありますので、必ず15分ほどに留めてください。その後、肩を常温に戻してからまたアイシングをおこないます。

氷嚢がない場合には、アイスマッサージでアイシングをおこないます。氷をビニールに入れて氷面で炎症部位を撫でるようにアイシングをおこなうと効果が期待できます。これも15分ほどおこなうと効果的です。

②【安静・提肘】
なるべく肩を動かさないように、できるだけ安静位を保持すると痛みが緩和されます。
しかし肩関節は常に重力により下垂している状態なので、三角巾のようなもので肘から肩、腕を包み込むような固定(おなかの前で肘を90度に曲げた肢位)をおこなえれば効果的です。三角巾がない場合には逆の手で患側の前腕から肘を保持すると同等の効果が期待できます。

③【湿布などを活用】
病院や接骨院に行くまでの間は、市販の湿布や塗り薬も活用できます。
特に炎症をおこしている肩は消炎鎮痛を目的とした冷シップが効果的です。
但し、湿布の副作用が出やすい方や湿布の禁忌事項に当てはまる方は湿布の使用を控えてアイシング・安静での対処をしてください。


上記の対処法は自宅でできる簡易的な応急処置です。
症状を悪化させないためにも、必ず早期に病院や整形外科、接骨院などを受診して専門的な治療を受けていただくことをお勧めいたします。

石灰沈着性腱板炎の治療例

初検時にエコー観察で的確に評価します

エコー観察で腱板内に石灰が認められます

問診・視診・触診などの基本的な検査をはじめ、人体に無害なエコー観察装置で骨・筋肉・腱板などの内部組織を観察して他の肩疾患との鑑別をします。

ここでは炎症や機能障害、その他の軟部組織損傷の程度を可視化して、今後の治療計画を説明いたします。

石灰沈着性腱板炎に特化した治療で、つらい炎症や痛みの早期緩和を目指します

石灰沈着性腱板炎の治療は、激痛のもとになる炎症や組織の腫脹(腫れ)に対して、早期の消炎・鎮痛を目的とした施術をおこないます。

当院では、「低出力パルス超音波療法(LIPUS)」「微弱電流療法(MCR)」など、石灰沈着性腱板炎をはじめとする急性型の疾患に対して優れた効果を発揮する特殊治療を積極的におこなっております。

また患部安静のために数日間のみ、三角巾を使った固定もおこなうこともあります。
固定をおこなうことで患部に負荷をかけることなく、炎症の緩和を早めることが期待できます。

 

肩関節の機能改善を促す後療法で治癒を目指します。

上記の治療後は、平均して1~3日程で激しい痛みが緩和されていくことが認められております(炎症の程度や損傷程度により個人差はあります)。

多くの場合、炎症が消退すると同時に肩の機能は改善されますが、まれに関節拘縮(肩が固まってしまう状態)を併発する場合もあります。

拘縮など機能障害が認められる場合には肩関節の機能回復に向けた後療法を開始して、一日でも早い機能改善・治癒を目指します。


石灰沈着性腱板炎はもちろん、その他の肩関節の痛みにお悩みの方もお気軽に江古田の手塚接骨院までご相談ください。

低出力パルス超音波療法(LIPUS)はこちらをクリック

患者さまへお知らせ

休日診療日や研修等の参加にともなう休診日などはこちらでお知らせいたします。

●夏休みのお知らせ
8月19日(木)~8月22日(日)は夏季休診日とさせていただきます。

●7月の診療時間変更について
都合により、7月30日(金)午後の診療は休診とさせていただきます。午前の診療は通常通りとなりますので宜しくお願いいたします。

 

●予約診療について

新型コロナウイルス感染症の流行にともない、患者さまにより安全に、より安心して当院をご利用いただくため、
「予約制」を導入しております。

予約制により、院内での密集を解消し患者さま一人ひとりの健康をお守りすることができれば幸いです。
 

※院内での患者さまの人数を2人までと制限させていただきます。
※一日のご予約人数に限りがございますので、お早めにご予約ください。


~ご予約方法~
1:来院時に受付でご予約できます。
2:お電話でご予約できます。当日のご予約も可能です。

※ホームページまたはメールでのご予約はできませんので、ご了承ください。


●患者さまへ(新型コロナウイルス感染対策について)


新型コロナウイルス感染症の流行にともない、当院では手指・ベッド及び治療器材・手すりやタオルなどの備品の消毒、室内換気、湿度の調整、各施術ベッドごとにカーテンを設けて仕切りをつけるなど、感染防止の強化に努めております。

 

また患者さまに安心して受診していただくため、体調不良、風邪気味、発熱、倦怠感、咳などの症状が現れている方は当院の受診をお控えくださいますよう、お願い申し上げます。

ご了承の程、宜しくお願い申し上げます。



 

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ・ご予約はこちら

03-5926-7699

受付時間:
9時~12時、15時~20時(土曜は17時まで)
平日の最終予約受付は19時40分となります

※予約制(当日のご予約も可能です)
※水曜午後は特別診療(完全予約制)のみ
※日曜・祝日は休診

新着情報 (お知らせ)

休診・診療情報

お問合せはこちら

ご予約・お問合せはお気軽に(予約制)

03-5926-7699

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

ごあいさつ

院長 手塚唱幸

丁寧・親切な対応と信頼できる施術をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

診療時間

診療日
 
午前×
午後×
診療時間(予約制)

午前9:00~12:00
午後15:00~20:00
*土曜日は午後17:00まで
*水曜日午後は特別診療
*初診の方は予約時間の10分前までにご来院ください。
 

メールでのお問合せは24時間受け付けております。

休診日

日曜日・祝日

ご予約・お問合せ

03-5926-7699

お気軽にご相談ください。

下記の地域からご来院いただいております

東京都(練馬区・中野区・豊島区・新宿区・板橋区・文京区・渋谷区・港区・台東区・大田区・世田谷区・杉並区・品川区・西東京市・東久留米市・清瀬市・小平市・武蔵野市・三鷹市・国立市・立川市・羽村市・あきる野市・青梅市)
埼玉県(新座市・朝霞市・和光市・さいたま市・戸田市・川口市・所沢市・入間市・飯能市・秩父市・東松山市)
神奈川県(横浜市・川崎市・逗子市)