ぎっくり腰・腰痛・首の痛み・関節痛・ケガ・肩こり・頭痛・腱鞘炎・スポーツ障害・交通事故治療のことなら、練馬区・江古田の手塚接骨院にお任せください。

〒176-0004 東京都練馬区小竹町1-52-2

受付時間:9:00~12:00、15:00~20:00(土曜は17時まで)
※水曜日はAMのみ(午後は保険外予約診療)(日曜、祝日は休診)

各種保険取扱い

交通事故(自賠責)・労災指定

ご予約・お問合せはこちらから

03-5926-7699

ひざの痛み

ひざの症状は当院にご相談ください

日常生活やスポーツでのひざの痛み、ひざ関節の症状でお悩みのかたは当院にお任せください。

●「最近、ひざが脹れてきた水が溜まっているかも」
●「階段の昇り降りがつらい
●「病院や整骨院に行ったけど痛みが変わらない

●「動きはじめにひざが痛い
●「正座がつらくなってきた」
●「スポーツでひざを痛めてしまった

 

ひざに痛みや脹れなどの症状が現れた時は、ひざの治療ができる「江古田の手塚接骨院」にご相談ください。
03-5926-7699(各種保険取扱い)


当院の「ひざの治療」では日常生活で起こるひざの痛みから、高齢者に多い変形性ひざ関節症、ひざのスポーツ障害やケガ、子供の成長痛(オスグッド病)まで治療いたします。

ひざ関節はとても精密な関節

ひざ関節は日常生活で常に荷重や捻りなどの負担がかかるため、構造的には負荷に耐えられるようにとても精密にできていますが、ひとたび痛みや炎症が発生してしまうと関節水腫(ひざに水が溜まる)など、さまざまな障害を引き起こしてしまう関節でもあります。

当院ではそれぞれのひざの症状に合わせた施術で、ひざ関節痛にお悩みの患者さまのニーズにお応えし、患者さまの生活の質が向上できるよう努めてまいります。

ひざの疾患では、ただ痛みや炎症を緩和させるだけでは本来の機能を十分に改善させることが困難です。

そこで当院では、関節医学に基づいた運動療法や最新治療による筋力強化・運動神経の促通・ひざのアライメントの改善など、ひざの機能を向上させながら回復を促す治療を常におこなっております。

タイプ別のひざ関節の症状を解説

症状別のひざの痛みの原因をここでご紹介します。

ひざの内側の痛み

ひざの痛みでもっとも多い内側の痛みは「変形性膝関節症」が原因かもしれません。

変形性膝関節症とは、加齢によりひざの軟骨組織が摩耗したり、骨が変形することで膝の痛みが生じる疾患です。立ち上がる時や歩き出す時など荷重がかかった時にひざの内側を中心に痛みが現れます。

しばしば関節全体に腫れや痛みがでることがあり、これは関節水腫といって炎症によってひざの中に水が溜まっている症状が考えられます。

ケガが原因で内側に痛みが生じた場合には、内側側副靱帯損傷やひざ半月損傷などの外傷性疾患が疑われます。

 

ひざの外側の痛み

ひざの外側に痛みが生じる代表的なものは、「腸脛靱帯炎」です。

スポーツ活動などで、ひざの外側を滑走する筋肉(腸脛靱帯)に摩擦が生じることで炎症を起こすひざの疾患で、スポーツ時以外でも、日常生活でのひざの屈伸運動や歩行でもひざの外側に強い痛みを生じることがあります。

 

ひざの上側の痛み

ひざの上側に痛みが生じる疾患で多いものは、「大腿四頭筋腱炎」があります。

太ももの前の大きな筋肉(大腿四頭筋)は骨盤や大腿骨から始まって膝蓋骨(お皿)の上縁部に腱(大腿四頭筋腱)となって付いて、ひざ
関節を伸展させる運動と関節の安定性にとても重要な働きをします。


スポーツのやり過ぎやトレーニングが原因で膝蓋骨(ひざのお皿)の上縁部に負荷がかかり、大腿四頭筋腱に炎症を起こし腫れや熱感、運動時の痛みがあらわれます
 

ひざの下側の痛み

ひざの下側では、膝蓋骨(お皿)から脛骨結節(ひざ下の出っ張った部位)を結ぶ膝蓋腱に炎症を起こす「膝蓋腱炎」があります。

別名ジャンパー膝と呼ばれ、ジャンプやキックを強いられるスポーツなどで牽引力などの負荷が繰り返し膝蓋腱にかかり、腱に炎症や微小断裂が生じることで発症します。

これと似たような症状を呈する疾患に「膝蓋脂肪体炎」があり、お皿の下に存在する脂肪組織が炎症を起こして歩行やひざの屈伸で強い痛みを伴います。

このほかにも成長期に発症する骨端症のひとつ、「オスグッドシュラッター病」もひざの下側に症状を呈します。

 

ひざに水が溜まる関節水腫とは?

関節水腫の原因

ひざ関節には関節を包む「関節包」と呼ばれる膜が存在します。

関節包の内側は「滑膜」があり、関節内の環境を整える役割を持っていますが、そこに炎症がおきると滑膜が腫れてしまい、同時に関節液(滑液)の分泌が増してそれが関節内に過剰に溜まることにより、関節痛が引き起こされます。

ひざに水が溜まると、ひざ関節の安定性を担う大腿四頭筋(太ももの前の筋肉)が反射的に筋委縮を起こしてしまうため、さらに関節の不安定性が増してひざの炎症が治まらない状態となります。

このような悪循環を解消するためには、まず最初に滑膜の炎症を抑えることが重要となります。

接骨院で関節水腫は改善できるの?

ひざに水が溜まった場合には、整形外科では関節穿刺といって注射器で関節内に溜まった水を抜きますが、接骨院では整形外科のように穿刺をおこうなことはできませんでは、どのような方法で対応するのでしょうか?

本来、ひざの水(滑液)は滑膜からバランスよく分泌と吸収が繰り返されて、関節の潤滑作用や保護、関節軟骨の栄養供給などといった大切な働きがあります。

ただ、上記で説明したようにケガや炎症の持続により水(滑液)の分泌が過剰になると、いくら水を抜いてもまたすぐに溜まってしまい慢性的にひざの痛みが持続してしまいます。

したがって、滑膜自体の炎症を抑えて滑液の過剰な分泌を抑えることが必要となります。

接骨院では炎症や痛みを抑える物理療法や、場合によっては関節を包帯などで圧迫固定する治療法で滑膜の炎症を早期に緩和させて、正常な滑液の分泌と吸収のバランスを促すことで関節水腫を改善させる技術を持っています。

関節水腫以外の症状においても、その症状や疾患に合った治療を選択して適切な施術ができますので、ひざのケガ・痛みやスポーツ障害などに幅広く対応します。

 

ひざの治療

ひざの治療例

当院での治療例をご紹介いたします。

ひざの炎症・腫れ・水腫(水が溜まる)の治療

最新のひざ関節電圧治療

症状が強いひざ関節では炎症にともなう滑膜の腫れや関節水腫といった症状が現れます。

治療の第一は節の炎症や腫れを鎮静させて関節内の環境を整えて正常化させる必要があります。

ここでは超音波治療・電圧治療・症状にによっては包帯固定をおこない炎症を最小限にとどめます。

ひざ関節に炎症が残存したままでは関節内のダメージや関節水腫も残存して反射的な筋力低下(筋萎縮)を起こし、いくら筋力トレーニングをおこなっても充分な効果を認めることができなくなります。

 

ひざの運動機能の回復

関節機能改善の手技療法

炎症が落ち着いてきたことを確認し、ひざの機能改善を目的とする治療に移行します。

炎症などが原因でおこる可動域制限や筋力低下により、関節本来の安定性や運動能力も低下するため、炎症や痛みの再発リスクが高くなります。

そこで、後療法によりこれらの機能回復を促し、再発予防に努めます。

手技療法・超音波治療・可動域訓練・EMSによる筋力強化を中心に膝の機能回復を目的とした後療法をおこないます。

 

日常生活動作や生活の質の向上

痛みを改善させて、より良い生活を

ひざの痛みで低下した生活の質は、ひざの改善とともに必ず向上します。

今まで不安だった外出、スポーツ、お買い物などが安心してできますように当院が全力でサポートいたします。

 

*ひざ関節の治療は、症状により施術法が異なります。

ひざの治療は健康保険が使えるの?

急性・亜急性(受診日から概ね2週間以内)のひざの痛み・ケガで、負傷原因が明らかなものは健康保険を使った施術が受けられます。

但し、仕事中の負傷や既に他の病院・接骨院を通院している場合は健康保険が使えませんのでご了承ください。


~ 健康保険施術の適応例 ~


スポーツ中や日常生活でひざを捻ってケガをした

立ち上がる時や動き始める時に急にひざが痛くなった

歩いたり走っていた時に、急にひざが痛くなり腫れてきた

無理に正座しようとしたらひざに痛みがはしり傷めてしまった

上記の適応例以外にも、健康保険の適応となる例がございますのでお気軽にご相談ください。
03-5926-7699

 

膝の代表的な疾患

ここでは代表的な膝関節の疾患をご紹介します。

変形性膝関節症

膝関節疾患で最も多く、男女比1:4で女性に多くみられ、加齢などにより膝関節の軟骨組織が摩耗したり関節部分の骨が変形してしまい動作開始時や荷重時・膝の曲げ伸ばしなどの動きで痛みを伴う疾患です。

進行してしまうと正座が困難になったり膝の可動域制限・O脚変形・関節水腫(水が溜まる)などの症状が出現し、場合により人工関節置換術等の外科的治療が必要になることもあります。


 

半月板損傷

半月板は膝関節の大腿骨と脛骨の間にあるC型の軟骨様組織で内・外側に存在します。半月板は膝関節のクッションとスタビライザーとしての重要な役割をもち、半月板が損傷すると膝の屈伸時の痛みや引っ掛かりといった症状が出現します。

更に悪化してしまうと関節水腫や関節が急に動かなくなる(ロッキング)現象が現れ、放置してしまうと関節の変形(二次性関節症)を発症してしまうこともあります。


 

膝蓋下脂肪体炎

あまり聞き慣れない膝の疾患ですが、膝蓋骨(膝のお皿)の下にある膝蓋下脂肪体という脂肪組織に炎症が起こり、歩行時や膝の屈伸時に痛みを伴います。痛みが強い場合には夜間痛を伴い、寝れないくらいに痛むこともあります。

この疾患は10~20代に多く、レントゲンやMRI検査でも問題が無くしばしば原因不明の膝の痛みとされる場合もあります。


 

膝蓋軟骨軟化症

膝蓋骨(膝のお皿)の関節軟骨の一部が軟化、膨隆、膨化、亀裂などが生じてしまう疾患です。スポーツ活動家や10代前半の女性に発症することが多いのですが、他に膝蓋大腿関節の形態異常や膝蓋骨脱臼をともなう場合でも膝蓋軟骨軟化症を発症することがあります。

初期では膝蓋骨の違和感や引っかかり感がある程度で痛みをともなうことが少ないのですが、進行すると膝蓋骨の周囲に痛みがでてきたり、階段の昇り降りや運動時での痛みも覚えるようになってしまいます。


 

オスグットシュラッター病

脛骨の脛骨結節(膝蓋骨の下の隆起している部位)が徐々に隆起してきて痛みを伴う成長期に多い膝の疾患です。

10~15歳くらいの成長期の子供でスポーツのし過ぎや、筋肉の柔軟性低下などが原因で発症することが多く、膝を伸ばす大腿四頭筋(太ももの前の筋肉)の収縮力や牽引力が脛骨結節に繰り返し加わることにより、脛骨結節の成長線に過剰の負荷がかかり成長軟骨を剥離してしまいます。


 

ジャンパー膝(膝蓋腱炎)

ジャンプやキックなどの強いられるスポーツでしばしば多く、膝蓋骨と脛骨結節を結ぶ膝蓋腱への繰り返しの牽引力により膝蓋腱付着部に炎症や微小断裂が生じることで発症する膝のスポーツ障害です。

症状は膝前部の疼痛と圧痛が主で、腫脹(腫れ)や熱感も伴います。膝を深く曲げた時にも痛みや、スポーツ活動時や活動後にも痛みが発症します。


 

ランナー膝(腸脛靭帯炎)

過剰なランニングや柔軟性の不足により、膝の外側にある腸脛靭帯と呼ばれる筋肉に繰り返しの摩擦が生じて発症する膝のスポーツ障害です。

初期は膝の外側部が緊張するようなきしむような違和感や痛みを感じる程度で、安静により症状が軽快します。症状が進行すると痛みが増強し、膝の屈伸が困難になったり歩行時に膝をかばうような歩き方になってしまい、安静にしてもなかなか痛みが治まらなくなってしまいます。

患者さまへお知らせ

休日診療日や研修等の参加にともなう休診日などはこちらでお知らせいたします。

●年末年始のお知らせ

12月31日(金)~1月3日(月)年末年始休診日とさせていただきます。
12月30日(木)午前は通常診療、午後は休診となります。



●予約制について

新型コロナウイルス感染症の流行にともない、患者さまにより安全に、より安心して当院をご利用いただくため、「予約制」を導入しております。

予約制により、院内での密集を解消し患者さま一人ひとりの健康をお守りすることができれば幸いです。
 

※院内での患者さまの人数を2人までと制限させていただきます。
※一日のご予約人数に限りがございますので、お早めにご予約ください。


~ご予約方法~
1:来院時に受付でご予約できます。
2:お電話でご予約できます。当日のご予約も可能です。

※ホームページまたはメールでのご予約はできませんので、ご了承ください。


●患者さまへ(新型コロナウイルス感染対策について)


新型コロナウイルス感染症の流行にともない、当院では手指・ベッド及び治療器材・手すりやタオルなどの備品の消毒、室内換気、湿度の調整、各施術ベッドごとにカーテンを設けて仕切りをつけるなど、感染防止の強化に努めております。

 

また患者さまに安心して受診していただくため、体調不良、風邪気味、発熱、倦怠感、咳などの症状が現れている方は当院の受診をお控えくださいますよう、お願い申し上げます。

ご了承の程、宜しくお願い申し上げます。



 

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ・ご予約はこちら

03-5926-7699

受付時間:
9時~12時、15時~20時(土曜は17時まで)
平日の最終予約受付は19時40分となります

※予約制(当日のご予約も可能です)
※水曜午後は特別診療(完全予約制)のみ
※日曜・祝日は休診

新着情報 (お知らせ)

休診・診療情報

お問合せはこちら

ご予約・お問合せはお気軽に(予約制)

03-5926-7699

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

ごあいさつ

院長 手塚唱幸

丁寧・親切な対応と信頼できる施術をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

診療時間

診療日
 
午前×
午後×
診療時間(予約制)

午前9:00~12:00
午後15:00~20:00
*土曜日は午後17:00まで
*水曜日午後は特別診療
*初診の方は予約時間の10分前までにご来院ください。
 

メールでのお問合せは24時間受け付けております。

休診日

日曜日・祝日

ご予約・お問合せ

03-5926-7699

お気軽にご相談ください。

下記の地域からご来院いただいております

東京都(練馬区・中野区・豊島区・新宿区・板橋区・文京区・渋谷区・港区・台東区・大田区・世田谷区・杉並区・品川区・西東京市・東久留米市・清瀬市・小平市・武蔵野市・三鷹市・国立市・立川市・羽村市・あきる野市・青梅市)
埼玉県(新座市・朝霞市・和光市・さいたま市・戸田市・川口市・所沢市・入間市・飯能市・秩父市・東松山市)
神奈川県(横浜市・川崎市・逗子市)
千葉県(船橋市)