ぎっくり腰・腰痛・首の痛み・関節痛・ケガ・肩こり・頭痛・腱鞘炎・スポーツ障害・交通事故治療のことなら、練馬区・江古田の手塚接骨院にお任せください。

〒176-0004 東京都練馬区小竹町1-52-2

受付時間:9:00~12:00、15:00~20:00(土曜は17時まで)
※水曜日はAMのみ(午後は保険外予約診療)(日曜、祝日は休診)

各種保険取扱い

交通事故(自賠責)・労災指定

ご予約・お問合せはこちらから

03-5926-7699

手・指の痛み

手首・指の痛みは当院で治療ができます

手首や指の関節の痛み・拘縮でお悩みの方、当院の専門治療にお任せください。

●手首をひねると痛みがはしる
●手首・指の腫れが気になる
●なにか物をつかむと痛みがある
●夜間、手の痛みで寝られない

●朝起きると手・指がこわばっている

手首・指の痛み、腫れ、拘縮(関節が硬くなる)、痺れなど、手指の症状に幅広く対応いたします。

手首の痛み・指の痛み・TFCC損傷・母指CM関節症・へバーデン結節など治療実績も多数です。
是非、ご相談ください。

 

手・指の痛みは早めの治療を!

手・指の関節は生活の中で最も多く使う関節であるだけに、一度痛みが発症してしまうと今まで普通にできていたことが突然できなくなるような機能障害により、精神的にも大きなストレスを感じてしまいます。

症状によっては長期の治療が必要になったり、痛みや機能障害が残存してしまうこともありますので、手・指の痛み、関節痛を少しでも感じられた場合は、なるべく早期の受診をお勧めいたします。

手・指の痛みの原因は?

ここでは手・指の痛みを原因別にご紹介いたします。

筋肉や靱帯、腱の炎症や損傷による痛み

「手を突いて痛めた」「手首を捻った」「突き指をした」など、ケガが原因で起きた手・指の痛みは筋肉や腱、靱帯が損傷していることが原因でおこります。

代表的な疾患では、手首の尺側(小指側)靱帯を損傷する「TFCC損傷」や、突き指をした時にDIP関節(指の第1関節)の腱断裂や骨折をおこす「マレットフィンガー」などがあります。

これらは後遺症を残す可能性が非常に高いケガであるため、早急の治療が必要となります。

 

関節の変形や使いすぎが原因による痛み

手・指は一日のなかで固定でもしない限り常に動かし続けている関節です。そのため手指の使いすぎによる痛みや、特定の関節での骨の変形が発症しやすいといったことがあります。

母指のCM関節症(親指の付け根付近)やへバーデン結節(指の第1関節の変形)、ブシャール結節(指の第2関節の変形)がその代表的な疾患です。

これらの関節疾患は動きが大きく負荷が強くかかる関節のため、一度症状が発症すると日常生活に大きな支障をきたしてしまうため、適切な治療が必要となります。

 

手・指の神経障害が原因の痛み

手指には主に正中神経・橈骨神経・尺骨神経の3つの神経があり、これらの神経は頚椎(首の骨)から肩、腕を介して手に達して手・指の運動や感覚を担っています。

さまざまな原因で神経が圧迫されると、その神経の支配領域での痛みや痺れ、知覚障害、筋力低下といった症状がおこり、場合によっては運動麻痺まで発症することがあります。

代表的な疾患では、親指と人差し指が障害される「手根管症候群」、小指側や手の甲などが障害される「ギヨン管症候群」、手が下垂して動かなくなる「橈骨神経麻痺」などがあり、いずれも専門的な検査・治療が必要となります。

 

関節リウマチなどの病気が原因の痛み

関節リウマチなどの自己免疫疾患や、その他の血管病変によっても手・指に痛みや腫れといった症状が現れます。

関節リウマチでは主にPIP関節(指の第2関節)や手首に痛み、腫れ、熱感などの症状が現れ、炎症反応により安静にしていてもズキズキと患部が痛むことがあります。

進行していくと関節部の変形を起こして、機能障害も併発する可能性がありますので、気になる症状が現れた場合には早めに整形外科やリウマチ科の専門医の診察を受けられることをお勧めいたします。

※関節リウマチは接骨院で施術をおこなうことができません。
医科(整形外科など)へご受診くださいますようお願いいたします。

接骨院ではどのような治療が受けられるの?

接骨院でおこなう治療は、それぞれの院によって違いはありますが基本的にはには手技・物理・運動療法を軸に各症状ごとに合った治療をおこないます。

例えば、炎症を起こしている手には消炎鎮痛を目的とした治療を施し、動きが悪くなった手には運動療法で動きの改善を図り、痛みが残存している手には疼痛緩和のための施術をおこなうなどして症状の改善を図ります。

また最近で
は日進月歩というように日々治療技術が進歩しており、以前に比べてより優れた治療効果が期待できる治療機器や施術法を導入している接骨院も多くありますので、現在では接骨院での治療を希望される方が増えてきております。

 

母指(親指の痛み)の治療例

ここでは比較的に多い母指(親指)の治療例を紹介します。

マイクロ波治療で疼痛緩和

母指から手首にかけて、マイクロ波治療で関節内部から筋肉、靭帯部まで深く温めて血流や組織の粘弾性を増させていきます。

拘縮などの関節障害を起こしている方にも有効な治療です。

 

物理療法・手技療法で炎症・痛みを改善

強い痛み・腫れといった炎症をともなっている患部には、消炎鎮痛を目的とする最新の物理療法で丁寧に治療いたします。

症状の経過により、患部の運動性や機能を向上させるための手技療法もおこないます。

物理療法・手技療法を合わせておこなうことにより、患部の治癒を促進させます。

更に痛みを緩和させる特殊治療

上記の治療後にも症状が強い場合には、特殊治療を合わせておこなうことで、更に治療効果を高めることも可能です。

ハイボルテージ・LIPUSなど充実した特殊治療は、痛みの緩和・治癒の促進で実績のある優れた治療法です。

痛みのない生活を取り戻します

日常生活・お仕事・趣味・スポーツなどが支障なく、快適にできますように「患者さまの健康を第一」に考える当院が責任を持って施術させていただきます。

 

母指以外の指・手の痛み、症状もお気軽にご相談ください。

手・指の関節の疾患

ここでは代表的な手・指の関節疾患をご紹介します

TFCC損傷

TFCCとは「三角繊維軟骨複合体」の略称で、手首の尺側(小指側)にある4つの靭帯と関節円板で構成されており、手関節を安定させたり手関節に加わった衝撃を緩衝するクッションの役割を持っている重要な部分で、このTFCCがスポーツやケガで手首を捻った際に損傷したり、加齢性変化で損傷することをTFCC損傷といいます。

症状は手関節尺側に腫脹(腫れ)と強い痛みがあり、手のひらを上に向けるように手首を捻る回外動作や逆に手のひらを下に向けるように捻る回内動作で痛みを感じます。

治療は手首が動かないように外固定(ギプスやシーネ等)またはTFCC専用サポーターの装着をおこない、経過をみながら物理療法をおこないます。損傷が高度の場合や放置してしまったTFCC損傷には外科的治療が必要になることもあります。


 

母指CM関節症

CM関節とは母指の甲の骨(第1中手骨)と手首の小さい骨(大菱形骨)の間の関節で、物をつまむ動作(ピンチ動作)をおこなうための重要な関節です。

母指CM関節症は使い過ぎや加齢に伴って、関節軟骨の摩耗が起きて関節の腫脹(腫れ)や亜脱臼により変形をきたしてしまう疾患です。

症状はCM関節部の腫脹、圧痛(押した時の痛み)、物をつかむ動作や母指を捻る動作で強い痛みを感じます。


 

へバーデン結節・ブシャール結節

40歳代以降の女性に多く発症する疾患で、指の関節が変形し曲がってしまう原因不明の変形性関節症です。第1関節(DIP関節)に起きたものをへバーデン結節、第2関節(PIP関節)に起きたものをブシャール結節と呼びます。

しばしば関節リウマチと間違われることがありますが、自己免疫疾患ではなく局所的な変形性関節症ですのでリウマチとは関係がございません。

症状は指関節が赤く腫れたり、曲がったりして痛みを伴う場合も多く関節の動きも悪くなり、握る動作が困難になります。またへバーデン結節では第1関節近くに透き通ったふくらみができることがあり、これはミューカスシストという粘液嚢腫です。


 

マレットフィンガー(槌指)

手の指先を突いて突き指をした場合に多く発生する指の第一関節部分(DIP関節)のケガで、指先を伸ばすための腱(伸筋腱)が断裂、または指先の骨(末節骨)の付け根を剥離骨折してしまうために、指先を伸ばすことができなくなってしまいます。

腱が断裂した場合を「腱性マレットフィンガー」、剥離骨折や骨折を伴っている場合を「骨性マレットフィンガー」と呼びます。

症状は指の第一関節(DIP関節)が下に曲がったままとなり自力で伸ばすことができなくなり、剥離骨折を伴う場合にはDIP関節の背側の腫れや圧痛が現れます。
ただの突き指と思い放置してしまうと指の機能障害や変形といった後遺症を残してしまいます。

治療は原則として保存療法でおこない、DIP関節(指の第一関節)
を伸展位で6~8週間固定します。

その後に指の関節運動を回復させる後療法(リハビリ)をおこないますが、骨性マレットフィンガーでは骨折の程度が大きい場合には保存療法では治癒することが困難なために、手術が必要になることもあります。

 

患者さまへお知らせ

休日診療日や研修等の参加にともなう休診日などはこちらでお知らせいたします。

●年末年始のお知らせ

12月31日(金)~1月3日(月)年末年始休診日とさせていただきます。
12月30日(木)午前は通常診療、午後は休診となります。



●予約制について

新型コロナウイルス感染症の流行にともない、患者さまにより安全に、より安心して当院をご利用いただくため、「予約制」を導入しております。

予約制により、院内での密集を解消し患者さま一人ひとりの健康をお守りすることができれば幸いです。
 

※院内での患者さまの人数を2人までと制限させていただきます。
※一日のご予約人数に限りがございますので、お早めにご予約ください。


~ご予約方法~
1:来院時に受付でご予約できます。
2:お電話でご予約できます。当日のご予約も可能です。

※ホームページまたはメールでのご予約はできませんので、ご了承ください。


●患者さまへ(新型コロナウイルス感染対策について)


新型コロナウイルス感染症の流行にともない、当院では手指・ベッド及び治療器材・手すりやタオルなどの備品の消毒、室内換気、湿度の調整、各施術ベッドごとにカーテンを設けて仕切りをつけるなど、感染防止の強化に努めております。

 

また患者さまに安心して受診していただくため、体調不良、風邪気味、発熱、倦怠感、咳などの症状が現れている方は当院の受診をお控えくださいますよう、お願い申し上げます。

ご了承の程、宜しくお願い申し上げます。



 

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ・ご予約はこちら

03-5926-7699

受付時間:
9時~12時、15時~20時(土曜は17時まで)
平日の最終予約受付は19時40分となります

※予約制(当日のご予約も可能です)
※水曜午後は特別診療(完全予約制)のみ
※日曜・祝日は休診

新着情報 (お知らせ)

休診・診療情報

お問合せはこちら

ご予約・お問合せはお気軽に(予約制)

03-5926-7699

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

ごあいさつ

院長 手塚唱幸

丁寧・親切な対応と信頼できる施術をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

診療時間

診療日
 
午前×
午後×
診療時間(予約制)

午前9:00~12:00
午後15:00~20:00
*土曜日は午後17:00まで
*水曜日午後は特別診療
*初診の方は予約時間の10分前までにご来院ください。
 

メールでのお問合せは24時間受け付けております。

休診日

日曜日・祝日

ご予約・お問合せ

03-5926-7699

お気軽にご相談ください。

下記の地域からご来院いただいております

東京都(練馬区・中野区・豊島区・新宿区・板橋区・文京区・渋谷区・港区・台東区・大田区・世田谷区・杉並区・品川区・西東京市・東久留米市・清瀬市・小平市・武蔵野市・三鷹市・国立市・立川市・羽村市・あきる野市・青梅市)
埼玉県(新座市・朝霞市・和光市・さいたま市・戸田市・川口市・所沢市・入間市・飯能市・秩父市・東松山市)
神奈川県(横浜市・川崎市・逗子市)
千葉県(船橋市)