ぎっくり腰・腰痛・首の痛み・関節痛・ケガ・肩こり・頭痛・腱鞘炎・スポーツ障害・交通事故治療のことなら、練馬区・江古田の手塚接骨院にお任せください。

〒176-0004 東京都練馬区小竹町1-52-2

受付時間:9:00~12:00、15:00~20:00(土曜は17時まで)
※水曜日はAMのみ(午後は保険外予約診療)(日曜、祝日は休診)

各種保険取扱い

交通事故(自賠責)・労災指定

ご予約・お問合せはこちらから

03-5926-7699

腰痛のタイプと症状を解説

腰痛のタイプとタイプ別の症状をわかりやすく解説!

つらい腰痛の原因をみつけて、症状に合った適切な治療を!

つらい腰痛でお悩みの方、腰痛治療をお探しの方は是非、江古田の手塚接骨院までご相談ください。

腰痛はさまざまな原因により発症し、症状も腰痛のタイプにより異なってきます。
そのために腰痛の改善には専門家による適切な施術がお勧めです。

当院の腰痛治療は、患者さまの腰の状態を的確に評価して、腰痛のタイプに合わせた施術を提供しております。

 

腰痛の原因は?

多くの方が悩まれている「腰痛」の約8割が現在の医学では解明できない「いわゆる原因不明の腰痛」とされております。

実際にレントゲンやMRIなど高度な画像診断をおこなっても原因がつかめず、医療機関から安静を指示されてしまう症例がたくさんありますが、多くの腰痛では画像では診断できない腰痛を引き起こすメカニズムが存在します。

腰痛を発症させる代表的な原因

急激な動きによる筋肉・筋膜や関節の損傷で起こる腰痛(ぎっくり腰・急性腰痛症)

腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症などによる器質的な原因

腹筋や背筋、おしりの筋肉などの筋力低下に伴う腰痛

骨盤・股関節の可動域制限や運動障害による腰痛

不良姿勢によるアライメント異常が原因でおこる腰痛

筋肉・筋膜の異常(コリ、緊張、柔軟性低下など)による腰痛

内科系や婦人科系などの疾患(内臓疾患)による腰痛

ストレスや心因性要因にともなう腰痛
 

タイプ別の腰痛の症状

腰痛には症状からみるさまざまなタイプがあります。あなたはどの腰痛に当てはまりますか?

前屈(前かがみ)での腰痛は?

前屈腰痛の代表例として、椎間板性腰痛があります。

前かがみは、腰椎と腰椎の間にある椎間板に相当の圧力がかかり、もしこの肢位で痛みがでた場合は椎間板由来の痛みかもしれません。

また椎間板に炎症などの異常があれば、椅子に座っている姿勢で上下の腰椎から椎間板へ大きな圧力がかかるため、立位より座位の痛みが強くでることがあります。

 

後屈(後ろ反らし)での腰痛は?

後屈の腰痛で代表的なものは、椎間関節性腰痛です。

椎間関節は腰椎の後ろにある関節で、体を反らした時に上下の関節面がぶつかり痛みを発症することがあります。また体を左右に捻った(回旋)時も痛みがでることがあります。

同じ後屈での腰痛でも、高齢者に多い腰部脊柱管狭窄症という背骨の中で神経を圧迫する病気も、後屈や回旋で腰痛があらわれますので鑑別が必要です。


 

腰から背中まで重い腰痛は?

腰から背中の筋肉が張っていて鈍痛がでている腰痛は、筋性腰痛かもしれません。

筋性腰痛の原因は、腰回りの筋肉を酷使して筋疲労を起こしたり、運動不足などで筋力低下を起こした時に背中の筋肉が腰をかばっておきる場合などさまざまです。
この腰痛は、前かがみでも痛みがでることがありますが、椎間板性腰痛のような座位での痛みはなく、むしろ座っている時には痛みが和らぐのが特徴です。

但し、安静時に腰や背中に強い痛みを感じる場合は、筋肉ではなく内臓や大きな血管の疾患が原因になっている場合もありますので注意が必要です。

 

お尻が痛い腰痛とは?

お尻に痛みがでる腰痛にはいくつかの原因があります。
その一つは仙腸関節由来の腰痛です。仙腸関節は骨盤の仙骨(真ん中の骨)と両側の腸骨でなる関節で、たびたび炎症や痛みが発症しやすい関節でもあります。
仙腸関節性腰痛は、立位での荷重が腰にかかった状態で痛みがあらわれることがあり、階段や段差の時にかかる振動でも痛みがでることがあります。
またお尻への痛みの放散もこの腰痛の特徴です。

もう一つは梨状筋症候群と呼ばれるお尻の奥に存在する梨状の筋肉が原因でおこる腰痛もあります。
梨状筋症候群はお尻の奥の痛みや、解剖学的な構造上、坐骨神経を圧迫しやすい筋肉でもあるので、脚への痺れや痛みといった坐骨神経症状があらわれることもあります。

腰痛治療は接骨院・整骨院がおすすめの理由

なぜ接骨院の腰痛治療をお勧めするのか、3つの特徴をお伝えします。

薬を使わずに、手当て(手技)で腰痛を治療!
接骨院は痛みと運動機能の回復に長けてます

もともと接骨院はケガなどの痛みに対し、患者さまの自然治癒力を最大限に高めて治療をすることが得意な治療院です。

腰痛治療も同様に先生の手当て(手技療法)を最大限に生かして、筋肉や関節などをもとの状態に回復させる優れた技術を持っています。
手技療法は接骨院によって違いはあるものの、薬を使わずに腰痛を治すことができるのが魅力です。

 

接骨院は体の全体を診て腰痛を施術します!
だから根本からの治療ができます

病院などではレントゲン検査・MRIといった優れた画像診断をもとに、腰痛治療をおこなっておりますが、どうしても腰の部位のみしか検査できません。

接骨院は、腰痛に対して腰から股関節や骨盤の動きなど、全体を診て腰痛を評価します。腰痛がそれらの影響を受けて発症することを理解しているからこそ、その痛みの原因を診つけることに長けているので、その原因を治療できるのです。

わかりやすい説明で患者さまも安心!
患者さまの不安も解消へ

多くの接骨院の先生は、腰痛の原因をわかりやすく患者さまに説明してくれるので、どうして腰痛になったのか不安な患者さまも安心して施術を受けられます。
また接骨院には温熱療法や電気治療などの治療器がそろっていて、各治療をおこなう際にはその効果やなぜこの治療が必要なのかなど、患者さまにもわかりやすく説明してくれます。


そんな先生だからこそ、通院中には腰痛のことでも、ほかの体の不調のことでも気軽に相談できることが魅力です。

どのタイプの腰痛が接骨院で治せるの? 病院に行くべき腰痛は?

これだけ多くのタイプがある腰痛ですが、はたしてどの腰痛が接骨院で治療できるのでしょうか?

実は「タイプ別の腰痛の症状」にある各腰痛は皆さんの身近にある接骨院・整骨院で治療、改善させることができる腰痛です。
そのほかの腰痛では・・

ぎっくり腰など急な腰痛

腰やお尻など、筋肉のコリや筋力低下にともなう腰痛

不良姿勢が原因の腰痛

股関節・骨盤のゆがみによる腰痛など

この中には「腰痛の約8割が原因不明」に含まれる腰痛もありますので、お近くの接骨院の先生に是非ご相談ください。

では病院にすぐに行ったほうが良い腰痛とはどのような症状で、どのような疾患でしょうか?

この腰痛は早めに病院・整形外科で治療を!その理由は?

このような症状は早期に医師の治療を!

急激な腰痛と下肢の痺れ・・腰椎椎間板ヘルニアの疑い

ぎっくり腰のように急激な腰痛の発症とともに、左右どちらかの下肢(両側の時もある)に痛みや痺れ、下肢の運動障害、排尿障害(尿の出が悪くなる)があらわれた場合は、早急に病院(整形外科)を受診してください。

その理由は、接骨院では対応できない症状であり場合によっては下肢の障害や排尿障害などの後遺症を残す可能性があるからです。

一般的に椎間板ヘルニアは、適切な治療によってしっかり治る疾患ですが、稀に上記のような症状を呈した椎間板ヘルニアは、適切な治療時期に治療を怠ったりした場合に後遺症を残すことがありますので注意が必要です。

歩いているうちに腰痛と足の痺れが・・腰部脊柱管狭窄症の疑い

腰を後ろに反らした時に腰痛があらわれたり、歩いているうちに腰痛や下肢の痺れが強くなり、少し前かがみになって休むと症状が解消する症状があれば、なるべく早めに病院を受診してください。腰部脊柱管狭窄症の疑いがあります。

この疾患は高齢者に多く、加齢により腰の背骨の中の神経が通るトンネルが骨や靱帯の変形などにより圧迫されておこる腰の病気です。

接骨院での対処が難しく、医師による投薬治療や理学療法、場合によって手術が必要になることも珍しくありません。

安静にしているのに痛みが持続する腰痛・・内臓疾患または血管疾患の疑い

安静にしているにもかかわらず、まったく腰痛が緩和されない、痛みが増強するなどの症状は早急に病院で適切な検査を受けてください。

その理由は、内臓や血管疾患がもとで腰痛がおきている可能性があるからです。
一般的な腰痛では、安静にしている時には痛みが緩和して動き始めや運動時に痛みが強くなるタイプがほとんどですが、内臓や血管病変があった場合にその臓器から神経を介して腰に痛みが投射されて腰痛があらわれた場合には、命の危険もありますので医師による早急な検査・治療が必要です。

接骨院の腰痛治療に「健康保険」は使えるの?

接骨院・整骨院では、健康保険を使った腰痛治療がおこなえます。

但し、負傷後(痛みだしてから)概ね2週間以内の腰痛で、何かをして痛めたなどの負傷原因があり、他の医療機関で同じ腰痛の治療を受けられていない方に限られます。

健康保険の施術はこちら

接骨院で健康保険が使える腰痛例

ぎっくり腰などの急な腰痛

筋肉を伸ばして腰に痛みがはしった

腰をひねった際に腰痛になった


1週間前に前かがみになった時に腰を痛めた

今日朝起きた時に急に腰が痛みだした

上記のような腰痛で、まだ他の医療機関を受診されていない方など


慢性腰痛、疲労性の腰痛などは保険外治療にて対応いたします。


「健康保険の適応範囲がわからない」「この症状は健康保険が使えるのかな?」など、健康保険の施術について不明な点がございましたらお気軽にご相談ください。
電話:03-5926-7699(各種保険取扱い)

健康保険の施術はこちら

症状別・当院の腰痛治療

当院がおこなう腰痛治療はこちらです。急性のぎっくり腰から疲労性の腰痛、慢性腰痛まで幅広く対応しております。

ぎっくり腰・急性腰痛症・タイプ別の腰痛(最近痛めたもの)を施術します。

慢性腰痛・疲労性の腰痛・なかなか治らない頑固な腰痛・腰のメンテナンスを目的とした患者さま向けの施術メニューです。

腰の代表的な障害・疾患

ここでは腰の代表的な疾患をいくつかご紹介いたします。

筋・筋膜性腰痛

腰部捻挫などのケガによる筋肉・筋膜の損傷や、オーバーユース(使いすぎ)などでの筋疲労によって、筋肉の血流低下・硬結形成(こり)・筋緊張・これらに伴う痛みが症状の主体となる腰痛です。

これは、筋肉内を通る神経(脊髄神経後枝)が、上記の要因などで圧迫されやすくなることで、疼痛を誘発させると考えられています。

治療は保存的治療が原則で、状態により安静・物理療法・運動療法・手技療法などが有効です。

 

腰椎椎間関節症候群

椎間関節とは、腰椎の後方にある関節で、上下の腰椎を繋いで脊椎の後方支持組織と働いている関節でもあります。

この関節は特に脊椎の運動時に可動域が大きく、腰部捻挫や、スポーツなどのオーバーユースの際に関節の炎症(滑膜炎症)をきたし、腰から背中にかけての筋肉に疼痛や筋硬直を発症させます。

これも治療は保存的治療が原則で、安静・湿布などの消炎鎮痛・物理療法・手技療法が有効です。

 

腰椎椎間板ヘルニア

椎間板とは、椎体(背骨)と椎体の間にある線維性の組織で、中央部分には髄核と呼ばれるゲル状物質が存在して、脊柱の可動性と弾力性の支持をあたえている組織です。

椎間板ヘルニアとは、この椎間板が上下からの負荷を常に受けているため、物理的な刺激により周囲組織(線維輪)に亀裂や断裂が生じて、内部の髄核が脱出してしまうことで発症する腰の疾患です。

腰椎椎間板ヘルニアの症状は、急性腰痛から始まり、その後、腰から臀部の疼痛、下肢症状(疼痛・痺れ感・脱力などの神経症状)をきたすものが多く、場合により残尿感や尿閉、便秘などの症状が現れることもあります。

治療は保存的治療と外科的治療があります。
保存的治療ではコルセット装着など安静・湿布や投薬などの消炎鎮痛・その後の物理療法や運動療法がありますが、症状が重篤な場合には手術による外科的治療もあります。

 

腰椎分離症

腰椎分離症とは、腰椎の後方にある椎弓(椎体の両側から後方にでているアーチ状の部分)が、スポーツなどで激しい運動を繰り返すことなどにより、疲労骨折を起こしてしまい、そこに亀裂が生じて椎体と椎弓が分離してしまう腰の疾患で、主に中学生から高校生の成長期に好発します。

初期の分離症では、腰の激しい痛みを訴えて、腰椎伸展(腰の後屈)で痛みが増強することが特徴です。また腰椎棘突起(腰の後方の突起部)に限局性の圧痛が認められます。

治療は、初期の分離症では一定期間のスポーツ活動・運動休止が必要となり、亀裂部位の癒合を目的とするコルセット装着による安静が主となります。

慢性期に移行した分離症で、分離部の癒合が得られなかった(偽関節)場合には、痛みが治まるまでの対症療法が主となります。ここでは安静・物理療法・理学療法などで経過を診ていきます。

保存療法が奏功しない場合には、手術による外科的治療がおこなわれることもあります。

 

腰部脊柱管狭窄症

脳から下に続く脊髄と呼ばれる神経が通るトンネルを脊柱管と呼びます。
この脊柱管が腰の骨・靱帯の肥厚、椎間関節・椎間板の変形・突出により圧迫を受けて狭くなってしまう疾患を腰部脊柱管狭窄症いいます。

腰部脊柱管狭窄症は高齢者に多く、加齢にともなう組織の変性が原因で発症する疾患のひとつです。

特徴的な症状として、間欠跛行(数分間の歩行で腰・下肢痛や痺れが強くなって立ち止まってしまうが、前かがみやしゃがむことで楽になる)・後屈位での腰・下肢痛の増悪などで、そのほかに臀部の痛み・下肢脱力感・会陰部異常感覚・膀胱直腸障害などがあげられます。

また、腰部脊柱管狭窄症は他の腰の疾患と比べ、必ずしも腰痛があらわれるとはいえないことも特徴です。

治療は、投薬や理学療法による保存的治療で改善が期待できる症状から、適時外科的治療が必要な症状など、病態によって治療法が異なります。



 

患者さまへお知らせ

休日診療日や研修・セミナー等の参加にともなう休診日などはこちらでお知らせいたします。

●予約診療について

新型コロナウイルス感染症の流行にともない、患者さまにより安全に、より安心して当院をご利用いただくため、
「予約制」を導入しております。

予約制により、院内での密集を解消し患者さま一人ひとりの健康をお守りすることができれば幸いです。
 

※院内での患者さまの人数を2人までと制限させていただきます。
※一日のご予約人数に限りがございますので、お早めにご予約ください。


~ご予約方法~
1:来院時に受付でご予約できます。
2:お電話でご予約できます。当日のご予約も可能です。

※ホームページまたはメールでのご予約はできませんので、ご了承ください。


●患者さまへ(新型コロナウイルス感染対策について)


新型コロナウイルス感染症の流行にともない、当院では手指・ベッド及び治療器材・手すりやタオルなどの備品の消毒、室内換気、湿度の調整、各施術ベッドごとにカーテンを設けて仕切りをつけるなど、感染防止の強化に努めております。
 

また患者さまに安心して受診していただくため、体調不良、風邪気味、発熱、倦怠感、咳などの症状が現れている方は当院の受診をお控えくださいますよう、お願い申し上げます。

ご了承の程、宜しくお願い申し上げます。



 

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ・ご予約はこちら

03-5926-7699

受付時間:
9時~12時、15時~20時(土曜は17時まで)
平日の最終予約受付は19時40分となります

※予約制(当日のご予約も可能です)
※水曜午後は特別診療(完全予約制)のみ
※日曜・祝日は休診

新着情報 (お知らせ)

休診・診療情報

お問合せはこちら

ご予約・お問合せはお気軽に(予約制)

03-5926-7699

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

ごあいさつ

院長 手塚唱幸

丁寧・親切な対応と信頼できる施術をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

診療時間

診療日
 
午前×
午後×
診療時間(予約制)

午前9:00~12:00
午後15:00~20:00
*土曜日は午後17:00まで
*水曜日午後は特別診療
*初診の方は予約時間の10分前までにご来院ください。
 

メールでのお問合せは24時間受け付けております。

休診日

日曜日・祝日

ご予約・お問合せ

03-5926-7699

お気軽にご相談ください。

下記の地域からご来院いただいております

東京都(練馬区・中野区・豊島区・新宿区・板橋区・文京区・渋谷区・港区・台東区・大田区・世田谷区・杉並区・品川区・西東京市・東久留米市・清瀬市・小平市・武蔵野市・三鷹市・国立市・立川市・羽村市・あきる野市・青梅市)
埼玉県(新座市・朝霞市・和光市・さいたま市・戸田市・川口市・所沢市・入間市・飯能市・秩父市・東松山市)
神奈川県(横浜市・川崎市・逗子市)